TOP ナレッジ 【生成AIをビジネスや実生活で活用しよう!】画像生成AIの具体的な活用方法とは? 

knowledgeナレッジ

【生成AIをビジネスや実生活で活用しよう!】画像生成AIの具体的な活用方法とは? 

April 11, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について深く理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。 

今回の記事では「画像生成AIの具体的な活用方法」について解説します。

 

生成AIを活用しよう

生成AIを活用することで、私生活やビジネスシーンでさまざまな恩恵を受けられます。生成AIの基本的な活用方法は以下のとおりです。 

  • 作業の効率化 
  • 新たなアイデアの創出 
  • プロレベルのコンテンツ制作 

上記3つの活用方法を念頭に置きながら「画像生成AI」の活用法を解説します。 

画像生成AI 

画像生成AIで有名なサービスは、以下のようなものが挙げられます。 

  • DALL-E (ダリー) 
  • Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン) 
  • Canva(キャンバ) 

いずれもテキストでかんたんに指示するだけで、思い通りの画像やイラストを生成してくれます。 

たとえば、下記の画像はDALL-Eに「近未来の東京を描いて」と指示してみました。 

数秒で上記の画像を生成してくれました。このような画像をイラストレーターに発注すると、少なくとも数万円はかかるでしょう。画像生成AIに頼めば数百円~数千円の月額費用がかかるだけです。 

このように高品質な画像を生成してくれる画像生成AIですが、活用法としては以下のようなものがあります。 

  • ブログ記事などに使用する画像生成 
  • Webサイトに掲載するイメージ画像生成 
  • デザインのインスピレーションを得る 
  • 資料の図解などに活用 
  • LINEスタンプに活用 
  • ゲームやアニメーションの背景などに活用 

普段の仕事で「こんなイメージ画像があったらな……」と思ったときに、画像生成AIは大活躍します。今までプロのイラストレーターにお願いしていた仕事を、少しずつ生成AIにシフトしていくと、経費の節約や作業の効率化につながるでしょう。 

次回の記事では「動画生成AI」の活用法について解説します!お楽しみに! 

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ