TOP ナレッジ 【生成AIをビジネスや実生活で活用しよう!】音声生成AIの具体的な活用方法とは?

knowledgeナレッジ

【生成AIをビジネスや実生活で活用しよう!】音声生成AIの具体的な活用方法とは?

April 18, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について深く理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。 
今回の記事では「音声生成AIの具体的な活用方法」について解説します。 

生成AIを活用しよう

生成AIを活用することで、私生活やビジネスシーンでさまざまな恩恵を受けられます。生成AIの基本的な活用方法は以下のとおりです。 

  • 作業の効率化 
  • 新たなアイデアの創出 
  • プロレベルのコンテンツ制作 

上記3つの活用方法を念頭に置きながら「音声生成AI」の活用法を解説します。 

音声生成AI

音声生成AIは、音声によるテキストの読み上げができたり、音声合成技術を使って特定の人間の声を模倣できたり、幅広い活用法があります。 

音声生成AIとして有名なサービスは、下記のようなものが挙げられます。 

  • 株式会社エーアイ 『コエステーション』 
  • クリスタルメソッド株式会社『対話型AI HAL3』 

コエステーションは自分の声(コエ)をAIに記憶させ、記憶させた声でテキストを読み上げられる音声合成AIです。カスタマーサポートの電話自動対応や、教育コンテンツのナレーションなど、さまざまな分野で活用されています。 

また、対話型AI『HAL3』は、人工知能による対話型AIです。質問の受け答えだけでなく、勤怠管理や翻訳など、さまざまな場面で実際に活躍しています。最近では、亡くなった方と「対話」ができるようなシステムも提供されています。 

まとめ

音声生成AIを活用すれば、かんたんな操作で誰でも音声データを作成できます。企業の業務効率化を図るものから、一般消費者向けのサービスまで活用法はさまざまです。 

音声生成の技術はどんどん進化を遂げていて、本人が喋っているのか、AIの音声なのかの区別が難しい生成AIも誕生しています。 

AI技術の進歩に伴って、ディープフェイクなど危惧する声もありますが、しっかりと生成AIについての知識・教養を身につけておけば十分対処可能です。 

生成AIを私生活やビジネスで活用し、今からのAI時代を賢く生きていきましょう! 

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ