TOP ナレッジ 【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AIの歴史を振り返る Part3

knowledgeナレッジ

【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AIの歴史を振り返る Part3

January 25, 2024

  • AI
  • Share

今回の記事では前々回前回に引き続き「AIの歴史」について紐解いていきます。 
最近になってChatGPTなどの生成AIが話題になり、現代は空前の「AIブーム」と言われています。実はこのAIブームは“第三次AIブーム”と言われており、過去にもAIブームが巻き起こっていたのです。 

AIは過去に“3度のブーム”があった??

AIは過去に3度のブームがありました。 

  • 第一次AIブーム(1950年代後半~1960年代) 
  • 第二次AIブーム(1980年代) 
  • 第三次AIブーム(2000年以降) 

上記のようにAIは3度のタイミングで発展しており、現在は「第三次AIブーム」に相当します。 
ひとつひとつ紐解いていきましょう。今回はいよいよ第三次AIブームについて見ていきます。

第三次AIブーム

AIブームの長い冬を終え、2000年代に第三次AIブームがやってきます。2000年代に突入するとコンピューターの性能とインターネットの性能が飛躍的に向上しており、大量のデータをAIに学習させることが可能になるのです。 

大量のデータをAIに教育できるようになったため、AIは“機械学習”の分野で大きく発展することに。 

従来のAIは「1+1という入力が来たら2という回答をしてね」というふうに、特定の入力でしか出力できませんでした。“機械学習”では、大量のデータをAIに教育し、そのデータの中からルールやパターンをAI自身で学習し、教わっていないルールも予測できるようになったのです。 

また、2006年には機械学習が進化し「ディープラーニング(深層学習)」という技術も実用化されるようになりました。ディープラーニングの技術でAIは、データから特徴量を自動的に抽出できるようになったのです。 

たとえば今までのAIは、左側の画像が犬で、右側が猫だ(下記画像参照)というのを学習させても、違う犬と猫の画像を見せた途端、どちらが犬か猫かを判断できませんでした。

ディープラーニングは、大量の犬と猫の画像をAIに読み込ませることで、犬と猫の特徴を自分で学習できるようになり、まったく新しい猫や犬の画像を見せても、その特徴から判別できるようになったのです。 
ディープラーニングの発達により、曖昧な指示でもテキストや画像、動画や音声などのコンテンツを正確に生成できるようになり、昨今の「生成AI」の発展につながりました。 

まとめ

今回の記事では過去のAIブームを紐解くとともに、どのような過程でAIが進化していったのかを解説しました。AIの歴史を学ぶことで「AIを活用してどのようなことができるのか?」などのイメージが、おぼろげながら見えてきたと思います。 

次回は「完璧かと思われるAIにも重大な問題点がある」というテーマについて触れていきたいと思います。AIの進化が目まぐるしい昨今ですが、まだまだ課題は山積みです。その課題を理解しておくことで、AIについてある程度の未来予測ができるようになるでしょう。 

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ