TOP ナレッジ 機械学習型AIとは?初心者にもわかるやさしいAI解説

knowledgeナレッジ

機械学習型AIとは?初心者にもわかるやさしいAI解説

May 15, 2024

  • AI
  • Share

最近「ChatGPT」や「生成AI」という言葉をよく耳にするようになりましたが、AIの関連キーワードについて詳しく知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか? 

今回の記事では「機械学習型AI」について解説します。機械学習型AIの特徴や活用例、ルールベース型AIとの違いについて、AI初心者でも理解しやすく解説します。 

機械学習型AIとは

機械学習型AIとは、大量のデータをコンピューターに学習させることで、人間が明確にプログラムしなくても自ら判断や予測をおこない、回答をするAIのことを指します。 

たとえば、写真に写っているものを識別・分類する画像認識システムや、過去のデータから未来の天気を予測する気象予報モデルなど、過去の膨大なデータからパターンを学び、新しいデータや予測回答などを生成できます。 

機械学習型AIは「経験から学ぶAI」とも言い換えることができ、より人間に近いAIモデルといってもよいでしょう。 

機械学習型AIの活用例は?

機械学習型AIは、日常生活の多くの場面で活用されています。 

たとえば、スマートフォンの写真アルバムで顔を識別して自動的に分類する機能や、NetflixやAmazonのようなサービスで、ユーザーの好みに合わせた商品やコンテンツをおすすめするシステムなどです。 

また「生成AI」も機械学習型AIに分類されます。過去の学習経験からテキストや画像、音声などの新しいコンテンツを生成し、その創造性が大きな特徴です。 

機械学習型AIとルールベース型AIの違い

機械学習型AIの他に「ルールベース型AI」というAIモデルがあります。 

ルールベース型AIとは、人間がルールを学習させて、学習したルールに基づいて行動するAIのことです。 

ルールベース型AIが「マニュアルどおりにしか動けないAI」だとしたら、機械学習型AIは「過去の経験から柔軟に動けるAI」といえます。 

どちらのAIモデルにもメリット・デメリットがあります。 

企業に例えると、事務作業等の「マニュアルに忠実な人員が欲しい場面」もあれば、企業を成長させるアイデアを持つ「創造性や柔軟性に長けた人員が欲しい場面」もあるでしょう。どちらもかかせない人員です。 

AIモデルは使い分けをすることで最大限活用できるといえるでしょう。 

【まとめ】 

今回は機械学習型AIについて解説しました。 

コンピューターの性能が上昇し、膨大なデータを学習させられるようになってから、機械学習型AIが飛躍的に進化しました。自ら学習し、成長する機械学習型AIの登場は「ChatGPT」を始め、多くの生成AIを誕生させたのです。 

機械学習型AIもルールベース型AIも、日々の業務効率向上に大幅に貢献してくれます。まずはAIに触れてみることから始めてみてください。 

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ