TOP ナレッジ 【生成AIをビジネスや実生活で活用しよう!】動画生成AIの具体的な活用方法とは? 

knowledgeナレッジ

【生成AIをビジネスや実生活で活用しよう!】動画生成AIの具体的な活用方法とは? 

April 15, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について深く理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。 
今回の記事では「動画生成AIの具体的な活用方法」について解説します。

生成AIを活用しよう

生成AIを活用することで、私生活やビジネスシーンでさまざまな恩恵を受けられます。生成AIの基本的な活用方法は以下のとおりです。

  • 作業の効率化 
  • 新たなアイデアの創出 
  • プロレベルのコンテンツ制作 

   上記3つの活用方法を念頭に置きながら「動画生成AI」の活用法を解説します。 

動画生成AI

動画生成AIとして有名なサービスは、下記のようなものが挙げられます。 

  • Runway社「Gen-2」 
  • 「HeyGen」

 Runway社の「Gen-2」はテキストを入力するだけで動画を生成してくれるAIですが、現時点では数秒の動画生成しかできません。動画内の切り替えムービーなどに応用できるかもしれないですが、現状では実用的な活用は難しいようです。 

ただ、「HeyGen」は現時点でも高精度な動画を生成できます。HeyGen(ヘイジェン)は、リアルな人物のアバターを生成し、打ち込んだテキストを「あたかもそのアバターが喋っているような」動画にしてくれます。 

下記のYouTube動画を見るとわかりやすいでしょう。 

HeyGenを使えば、テキストを入力するだけで高性能なスピーチ動画を発信できます。たとえば、あなたがビジネスについてYouTubeで発信したいと思った時、いままでだと下記のような準備が必要でした。 

  • カメラの用意 
  • 演者の用意 
  • 台本の用意 
  • 編集機材の用意・編集スキルの習得 

ただ、HeyGenでは用意するのは台本のみ。驚くほどかんたんにYouTube上で発信できます。 

特定のアバターを作り、そのアバターで情報発信をしたり、プレゼン資料のひとつとしてリアルなアバターに喋らせたり、可能性は無限大です。 

ChatGPTの有料版に登録していると、プラグインをインストールすることでかんたんに使用できるので、ぜひ試してみてください。 

次回の記事では「音声生成AI」の活用法について解説します。お楽しみに! 

この記事を書いた人

AIメディアライター植田遊馬

Webライター歴4年目。ChatGPTの登場で生成AIの可能性に衝撃を受け「生成AIオタク」に。さまざまな生成AIを駆使しながらライター業を営む傍ら「多くの人に生成AIの魅力を伝えたい!」という想いで、生成AI系メディアでの記事執筆を行っている。

  • Share
一覧へ