TOP ナレッジ 【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】生成AIは今までのAIと何が違う? 

knowledgeナレッジ

【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】生成AIは今までのAIと何が違う? 

February 15, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。 

前回の記事では“AIの活用例”について解説しましたが、今回の記事では「従来のAIと生成AIの違い」について解説します。 

生成AIとは?従来のAIとの違い

“従来のAI”と“生成AI”の違いは「AI自身が新たなコンテンツを生成できるかどうか」です。ここでいうコンテンツとは文章や画像、動画や音声などです。 

従来のAIは主に、与えられた大量のデータから予測をおこない、あらかじめ決められた特定のタスクを実行することが目的でした。 

人間が入力したデータに基づいて適切な応答を導き出すことはできますが、AIが独自のコンテンツを生み出したり、プログラムにない回答をしたりするわけではありませんでした。 

近年、コンピューターの性能が飛躍的に向上し、AIが膨大なデータを処理できるようになると「ディープラーニング(深層学習)」の技術が発展しました。ディープラーニングの技術のおかげで、“学習方法”でさえAI自身が学習するようになったのです。 

自分でデータの法則などを学習できるようになった結果、プログラムにない回答もできるようになり、オリジナルのコンテンツを生成できるようになりました。  

従来のAIは「0から1」を創造できませんでしたが、生成AIは「0から1」を創造できるようになり、さまざまなコンテンツを生成できるようになったのです。 

まとめ

今回の記事では従来のAIと生成AIの違いを解説しました。ちなみに今回のシリーズで使用している画像のほとんどは、最近話題の「ChatGPT」に生成してもらっています。 

本来であればイラストレーターに報酬をお支払いして手に入れることができたイラストを、かんたんな指示で生成してくれるので助かっています。生成AIを学ぶことで、仕事やプライベートに活用することができますので、もっと理解を深めていきましょう。 

ということで、次回の記事では「生成AIはいつから出てきたの?」というトピックを執筆していきます。お楽しみにお待ち下さい! 

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ