TOP ナレッジ 【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AIは何に活用されているの?Part2

knowledgeナレッジ

【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AIは何に活用されているの?Part2

February 08, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。今回の記事では、前記事のPart2である「AIの活用法」について解説します。

AIはどんな機能があって、どこで活用されているの?

AIの機能はおもに下記4つに分けられます。

  • 画像認識
  • 音声認識
  • 自然言語処理
  • 予測・異常検知

今回の記事では“自然言語処理”と“予測・異常検知”に絞って解説します。

自然言語処理

自然言語処理は「人間が入力したテキストの変換・処理」が可能です。活用例は以下になります。

  • 機械翻訳
  • チャットボット
  • 文字変換予測

自然言語処理は多くのサービスで活用されていますが、ロゼッタが提供している『T-4OO』もAIの技術を用いた自動翻訳です。自然言語処理の技術で翻訳機能が進化し、世界中の人々が気軽に交流できるようになりました。

予測・異常検知

予測・異常検知は「過去のデータに基づいた予測・異常検知」が可能です。活用例は以下になります。

  • 小売業の売上予測
  • 迷惑メールフィルター
  • 株価の予測

過去のデータを大量に学習することで、未来予測の精度が飛躍的に向上しました。未来の売上や株価の正確な予測は、多くの事業者にとってなくてはならない指標といっていいでしょう。

今後AIを使わない業種はなくなるかも!?

今回の記事で紹介した活用例はほんの一例です。あなたが普段使っているアイテムも、AIの技術を活用したものがほとんどだと思います。

現時点ではそこまでAIが介入していない業種でも、これからもっと浸透していきます。そうなった場合に、AIを活用できるよう、今のうちから知識を深めましょう。

次回の記事では「いままでのAIと生成AIはどう違うの?」というポイントを解説したいとおもいます!

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ