TOP ナレッジ ディープフェイクとは?初心者にもわかるやさしいAI解説 

knowledgeナレッジ

ディープフェイクとは?初心者にもわかるやさしいAI解説 

June 04, 2024

  • AI
  • Share

近年、さまざまな生成AIサービスが誕生しています。生成AIの誕生で、世の中が生成AIによって便利になった反面「ディープフェイク」という問題も無視できません。 

今回の記事では「ディープフェイク」をわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

ディープフェイクとは

ディープフェイクとは、人工知能(AI)の機械学習技術を使って作られた偽の画像や動画のことをさします。ちなみに「ディープラーニング」と「フェイク」を組み合わせた造語からなる単語です。 

ディープフェイクは、GAN(敵対的生成ネットワーク)と呼ばれる深層学習モデルを使って作られます。GANは大量の顔画像から人物の特徴を学習し、学習した知識を使って新しい画像を生成できる技術。つまり特定の人物の顔写真があれば、その写真を使って特徴を学習し、新たな表情の画像を生成できるのです。 

さらに、別の生成AIモデルが動きや表情を付与することで、まるで本人が撮影したように見える動画を作り出せます。 

技術の進歩により、ディープフェイクの精度は年々向上しており、一部の動画では、偽物とわからないレベルにまで達しているといえるでしょう。 

ディープフェイクのリスク

ディープフェイクの技術自体は問題ないのですが「悪用されてしまう」というリスクが伴います。 

実際に、政治家や有名人などがディープフェイクによって誹謗中傷される事例も起きており、ディープフェイク動画がSNSなどで拡散されてしまうと、真実を証明するのが極めて困難になります。 

このように、ディープフェイク技術の倫理的な課題や社会に与える悪影響は、高性能な生成AIの大きな課題といえるでしょう。 

ディープフェイクの対処法

ディープフェイクへの対処法としては「AI自身の検知力を高める」ことが重要です。ディープフェイクかどうかを見極めるAIの研究が進めば、ディープフェイクの被害が減少するでしょう。 

また、ディープフェイク動画を投稿するプラットフォームでは、アップロード時の認証を強化したり、コンテンツ解析でフィルタリングを行ったり、拡散性のあるSNS側の対策も求められます。 

SNSを利用するユーザーも、ディープフェイクに関する基礎知識を把握しておき、無闇に拡散しないよう心がける必要があるでしょう。 

まとめ

ディープフェイクは、AIの発展によってもたらされた新しい技術です。しかし、どんな革新的な技術も悪用される可能性があります。 

AIの進化が目まぐるしい今、あなた自身が被害に合わないようにAIの基礎知識を身につけましょう。 

AIメディアライター植田遊馬

Webライター歴4年目。ChatGPTの登場で生成AIの可能性に衝撃を受け「生成AIオタク」に。さまざまな生成AIを駆使しながらライター業を営む傍ら「多くの人に生成AIの魅力を伝えたい!」という想いで、生成AI系メディアでの記事執筆を行っている。

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ