TOP ナレッジ 【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AIは何に活用されているの?Part1

knowledgeナレッジ

【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AIは何に活用されているの?Part1

February 08, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。

前回の記事では“AIの課題”について解説しましたが、今回の記事では「AIは何に活用されている?」という疑問点について解説します。

AIはどんな機能があって、どこで活用されているの?

AIの機能はおもに下記4つに分けられます。

  • 画像認識
  • 音声認識
  • 自然言語処理
  • 予測・異常検知

今回の記事では“画像認識”と“音声認識”に絞って解説します。

画像認識

画像認識では「画像に写っている人や物体の識別」が可能です。活用例は以下になります。

  • 防犯カメラの映像をチェック
  • 工場などの不良品検知
  • 空港での顔認証ゲート

画像認識の精度向上で犯罪者の検挙率UPや、製造業の発展に貢献しています。また、AIが画像を認識できるようになってから、大量の画像を読み込ませて効率的に学習することが可能になりました。

音声認識

音声認識は「人間の音声のテキスト化・処理」が可能です。活用例は以下になります。

  • 議事録作成
  • 音声文字入力
  • スマートフォンでのAIアシスタント機能

AIが音声を認識するようになってから、人間がテキストを入力する手間が大幅に削減されました。スマートフォンでの音声入力型AIアシスタント機能を使っている方も多いでしょう。

まとめ

AIの機能のうち、”画像認識”と”音声認識”についてご紹介して参りましたがいかがでしたか?
知っている、使っているという昨日もあったのではないでしょうか。

次回の記事では“自然言語処理”と“予測・異常検知”について解説します。お楽しみにお待ち下さい!

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ