TOP ナレッジ 【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AI(人工知能)が抱える大きな課題とは?Part1 

knowledgeナレッジ

【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】AI(人工知能)が抱える大きな課題とは?Part1 

February 01, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。前回までで“AI(人工知能)の歴史”を紐解いてきましたが、今回の記事では「AIの課題」について解説します。

AIの進化がすごすぎて、AIを漠然と恐れている人もいるのではないでしょうか?ただ、そんなAIにも多くの課題が存在します。

AI(人工知能)が抱える“2つの大きな問題”

AIが抱える大きな問題としてよく挙げられるのが以下の2点です。

  1. 身体性
  2. シンボル・グラウディング問題

当記事ではまず「身体性」について詳しく解説します。

身体性

身体性の問題とはどういう意味かというと「物理的な身体があって初めて、知能の獲得が可能である」という考え方のもと、提唱された問題です。

人間の知性や知能は、脳と身体の相互作用によって作られています。たとえば、50m走のタイムを短くするためにはどれだけ理論を頭に叩き込んでも、足は速くなりません。
何度も実際に身体を動かしてみて初めて「こう走れば速く走れるんだ」「こうやって筋トレしないといけないんだ」という知能や知性を獲得できるのです。

また、実は人間活動の多くは脳による制御よりも、身体中に分散されている神経システムに依存しています。たとえば、道で段差につまずいたとき、倒れまいと反射的に手でどこかを掴んでしまうと思います。このとき「この角度で手を出すとあの手すりを掴めるはず…!」なんて脳で考えながら手を出す人はおらず、反射的に神経が働いてどこかを掴みます。

硬い材質でできたAIロボットは人間と同じレベルの運動がまだ難しく、完全な身体性を獲得したとは言えません。AIは身体がないので、人間の脳神経網を模倣できても、身体中の神経システムを模倣することは難しいのです。

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ