TOP ナレッジ 【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】 AI(人工知能)が抱える大きな課題とは?Part2

knowledgeナレッジ

【ビジネスで大活躍する生成AIを理解しよう!】 AI(人工知能)が抱える大きな課題とは?Part2

February 01, 2024

  • AI
  • Share

「生成AI」について理解し、私生活やビジネスで活用することを目的とした今シリーズ。

前回の記事ではAIの課題のひとつである“身体性”について触れましたが、今回の記事では「シンボル・グラウディング問題」について解説します。

今回の記事で紹介する「シンボル・グラウンディング問題」ですが、前回の記事で解説した“身体性”と密接な関係にありますので、ぜひ前回の記事を読んでからご覧ください。

AI(人工知能)が抱える“2つの大きな問題”

AIが抱える大きな問題としてよく挙げられるのが以下の2点です。

  1. 身体性
  2. シンボル・グラウディング問題

当記事では「シンボル・グラウディング問題」について詳しく解説します。

シンボル・グラウンディング問題

シンボル・グラウンディング問題とは、コンピューターやAIがどのようにしてシンボル(例えば、言葉や数字など)に、実世界の複雑な概念を接地(グラウディング)できるか、という問題です。

少しややこしいので具体例で説明します。

たとえば、チョコを食べたことがある人がチョコを見たとき「甘そうだ……バナナと合うかもしれない」と、創作料理までも想像できます。
ただ、AIはチョコを食べたことがありません。「甘いらしい」というチョコの情報しか知らないAIは、創作料理を思いつくことはできないでしょう。

人間は、実際に体験したり経験したりして、複雑であいまいな概念を理解していきます。 AIは身体性を持ち合わせていないため、実際に体験したり経験したりできません。入力されたシンボル(記号)と、その概念が接地(グラウンディング)できない場合、人間が持っている想像力豊かな知能は獲得できないのです。

AIの課題を理解しよう

2記事に分けてAIの大きな課題を説明しました。
漠然とAIを恐れていた人も、理解が深まったことで価値観が変化したのではないでしょうか?

AIを体系的に理解することで、教養となり価値観が広がります。その結果、AIを活用する側の人間として、これからも人生が豊かになるはずです。

次回の記事では「AIは何に活用されているの?」ということについて、解説します。

AIメディアライター

製薬業界で生成AIを活用する「ラクヤクAI」
このように今後の活用が期待される生成AIですが、中でも注目を集めるのが製薬分野です。

「ラクヤクAI」は、治験関係書類や添付文書といった社内外の膨大なデータを活用し
製薬事業のあらゆるシーンを効率化する専門文書AIサービスです。
基礎研究から製造販売後調査まで、多岐に渡る製薬業務の中で取り扱われる
様々な文書の作成・チェック作業を自動化し、圧倒的な業務スピード改善を実現します。

「ラクヤクAI」ご活用シーン(例):
■ 治験関連文書やプロモーション資料の自動生成
■ 作成資料のクオリティチェックや、資料間の整合性チェック
■ 講演内容(資料・音声)の適用外表現モニタリング
■ 薬剤情報やナレッジの検索・調査
その他、個別カスタマイズが可能な生成AI環境で、
社内の知見を統合的に分析・集約したアウトプットをセキュアな環境をご提供します。

  • Share
一覧へ